単身パックの注意点

単身の引越しでは、基本となってくるのが、単身パックの利用にあります。これが安いのには理由があり、これを知ると、さまざまな方法が出てくるようになるでしょう。ひとりだから安くなるというのは当然ですが、それだけではありません。条件付きのサービスになっていることを見逃すと、安上がりにはならなくなってしまいます

トラックさまざまな業者が展開していますが、どこも容量の指定があることがポイントです。重量ではなく容量で指定がかかっていますが、これが搬送するトラックの大きさに影響します。軽くても荷物の容積が増えれば、トラックは大きくしていく必要が出てくるでしょう。そうなると、必然的に経費が増えます。単身引越しで容量を指定されているのは、できれば合積みにしていきたいからです。その分引越し業者は経費を抑えられ、最小限の車両で運送できるようになるでしょう。

荷物が増えるとどうなるのかといえば、単身パックでも追加料金がかかっていきます。これではメリットを生かせなくなるでしょう。特に専用ボックスを利用しているところは、収まらなければ追加料金です。これがかなりの負担ですので、処分を検討しなければいけません。特に寝具の指定が布団になっている場合には、ベッドになるとほぼ確実に追加料金が発生するためよく確認しなければいけません。


引越しを安上がりに

引越し引越しをするのは、とにかくお金がかかります。直接的な費用だけではありません。さまざまなところでお金がかかってくるため、業者に掛ける費用は抑えていきたいところでしょう。単身の引越しというところでは、自分でおこなってしまうのが一番安上がりです。しかし、ひとりでできることには限界があります。大きな荷物がもてませんし、荷物も積めるとは限りません。そもそも、車が運転できなければ運べませんので、この辺りをクリアできるかどうかでしょう。

極端な方法としては、身の回りのものだけにして、いらないものは処分し、宅配便で送ってしまうという方法もあります。引越し先に家財が備え付けになっているようなところであれば、できる方法になるでしょう。引越し先で新調するものが増えてしまうと、安く抑えられない場合も出てきますので、かなり計画的な進め方をしないと、自滅してしまうこともあります。その代りに、処分するときにリサイクルショップを使えば、その分お金にできるようになり、費用負担を軽くできるでしょう。

単身だからこそできる方法がいろいろとあります。処分してしまうのもひとつの方法ですが、業者を利用しながら、自分の手間も減らして安く抑えられることもあるからです。荷物が少ないことを有効に活用していければ、だれに手伝ってもらうことなく引越しも完了させられますので、参考にしながら効率的で安上がりの引越しを進めてみてはいかがでしょうか。